R820T ダイレクトサンプリングの異常発振対策


ゆうちゃんのぱぱさんから依頼されて、その対策法について載せてみました。
対策と言っても試行錯誤でシールドしてたので対策にはなってないかもですが・・・
この方法は発振を止めるのでは無く抑圧させるものなので期待はしないで下さい。

1070N
まずシールドしてない時なのですが、1070khz付近に異常発振の波が出てます。
ここには1071khzのNHK広島放送があり、異常発振で消されてました。


1070F
シールドした時の写真です。綺麗に異常発振が無くなって放送が聞こえてきました。


IMG_0119
写真で解るかと思いますが、RTL2832U付近にアルミテープを貼ってシールドしてます。
アルミなので下にガムテープなどで絶縁して貼ってます。
この部分だけでは完全に抑圧は出来ませんでした。異常発振が小さくなるとこを
カットアンドトライで探す必要があります。ここをGNDに落とすとか色々してみると
まだ効果はあるかもしれません。

IMG_0120
裏側ですが、マッチングトランスからのアンテナ線を裏側のコネクタに配線して
アンテナ線の位置で異常発振が消える場所があります。
ここも気長に探す必要があります。
また 他に方法が無いか探してみます。

追記

これはHF帯のみの改造でホット側を出しているので改造の仕方では効果が出ないようです。
こちらも色々やってみましたが、今回の方法が落ちるようでした。
内部で妨害電波が出てるのは確かなのですが、完全に止める事は不可能みたいです。
やはりHFコンバータ+R820Tの組み合わせが一番良いような気がしました。



R820T ダイレクトサンプリング2

RTL2832Uから、配線をしようと思ったのですが、ピン間隔が狭くて
隣どうしが、接触して上手くいかなくなったので、取り方を変えました。
ゆうちゃんのぱぱさん方式です。V.UHFは犠牲になりますが、
ドングルは、2個あるので、これはダイレクトサンプリング専用にします、


IMG_0116

中波 短波とも良好に受信出来てます。受信報告 AM FMの混信は、
後から載せます。直に配線するのを諦めたのは、
RTL2832Uに、あまりにハンダしてたので酸化したのか
くっつかなくなってしまい諦めました。

追記

ゆうちゃんのぱぱさんの記事を見て思ったのですが、MCXコネクターの横についてる
TRみたいなのは赤外線センサーなのですね!ワンセグ受信時にリモコンで
チャンネルを変える為の物みたいです。SDR受信では、意味の無い赤外線センサーですね!
ダイレクトサンプリング専用にしたのでMCXコネクターは追加しませんが、
追加する時は邪魔なので撤去した方が良いです。あっても使う事ないです。








ダイレクトサンプリングを受信してみました。やはり感度が悪いです。
その代わりにノイズフロワが小さくて聞きやすいです。
AM放送の混信は出ますね!BPFは必要なようです。
上手く受信は出来てるみたいなので一安心です。
ダイレクトサンプリングではHDSDRでの、RF GAINが一切使えません。
なので外部からRF GAINを調整する必要がありそうです。





CPUファンのエンジン

you tubeで見つけた CPUファンを使ったエンジンです。
詳細が良く解りませんが、磁石を使って永久的?に回転出来るようです。
他の動画では発電もしてるようですが、どうして動くのか解ってません。
海外の動画しか見つからず日本では、実験してないみたいなので、
ダメ元で実験してみようかと思ったりします。結論から言うと磁石の効果が
無くなるまで回り続けるって事になりそうです。何個も作ればバッテリーの充電にも
使えそうですが、やってみないと解りません。
他の動画で、ファンの羽に薄い磁石を付けて磁石の反発力を利用して
連鎖で回転してるのを見ましたが、この動画には、中の誘導コイル?
を利用してるみたいです。外側から磁石で回す事が出来るなら
相当 強力な磁石を使ってるかと思われます。
どっちにしても磁力の強い磁石が要るようです。
使えるかどうかは解りませんが有名なダイソーでも売ってるようです。








livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ