2014年05月

ちょとブレイク LCメーター

PUPさんがLCメーターキットを作ってたので、うちが使ってるLCメータの
紹介です。キットでは無く自作品です。もう製作してから2年以上経ってました。
旧ブログで紹介してました。PICで作ったLCメータです。
単純な回路なので精度は期待出来ませんが、低い値の精度は高いのですが、
値が高くなるにつれて精度に誤差が多くなるので何回も測定しなおすようになります。


IMG_0200

Cは、最大1.2μFまで計れます。 Lは200mhくらいまでで、
基準になるコンデンサーとRFCの入手は通販で誤差1%を使用しました。
キャブレーションして、何回か実行しないと正確な値は出ませんが、
コンデンサーの印字が消えてたりした時に役にたちますので重宝してます。
写真は 0,01μFを計った所です。

http://skynet116.blog122.fc2.com/page-15.html

wsml AMPでの不思議な不具合

ちょと気になった事があったのですが、正常動作と思って放っておいたのですが、
LOOP1端子とGNDを入力すると出力が、ありません。
コンデンサーを通すかLOOP1 LOOP2接続では出力がありました。
それで、今度はLOOP2とGNDを接続すると出力があります。
同じ回路なので、変だとは思ってたのですが、コンデンサーを通すと出力されるので
TR関係は正常に動作してました。 そこで色々 測定して今まで気づかなかったのですが、
C7 1μFのコンデンサーが、何故か抵抗があるのです。反対側のC13を計ったら
抵抗はありません。実際は周辺抵抗の影響で、330Ωあります。
コンデンサーなので抵抗があってはいけないんですが、
そこで、取り外して測定してみました。 やはり抵抗があります。 ダイオードが壊れたら
導通がある事は、あるのですがコンデンサーも同じ現象が起こる事は今までありませんでした。

IMG_0198


IMG_0199
このように 2.67Ωを指してました。まだ交換はしてませんが、このコンデンサーが
原因なような気がします。 でも今まで普通に機能してたコンデンサーなのですが、
コンデンサーが壊れるなんて始めての体験でした。 まず疑う場所では無いので
パターンがショートしてると思ってたのですが、そうでは無かったようでした。
電解コンデンサーの容量抜けなどは、ありますが、一般のコンデンサー不良は
長年の老化で壊れるとか、あるんですが、このような故障は、始めてでした。
めったにお目にかかれない現象なので、珍しい故障でした。
一つの原因は、C7の部分は、チップ取り付けが上手く出来ずに
何回も半田付けしてて、温度をかけずぎて壊れやすくなってた可能性もあります。
1μFのチップは、 フロントエンド基板の電源レギュレータラインに、あるので
流用しようと思います。 結果は 順次 載せます。


追記

C7 コンデンサーチップを交換しましたら、GNDに接続しても出力されました。
ちょと使い方が間違ってますが、本来は LOOP1 LOOP2に接続するものなので・・・・・
正常動作してるようです。 今回 TT@北海道さんの配布品で唯一の失敗作は
フロントエンド基板となりました。難用度も高く ちゃんと配置図 回路図を見ないと
失敗します。 U1部分もハンダ付けが難しい部分です。
もう少し練習しないといけないと思いました。後 電源を入れる前のチェックを
怠ってたのも原因なので、電源ライン 得に12Vを扱う回路 レギュレータで電圧を
下げる回路を使ってる時は、良く確認しないと痛い目に遭います。><








フロントエンド基板 その後

フロントエンド基板の、その後ですが、ジャンパピンの指すとこが
間違ったみたいで、DC12V入力したら電源レギュレータが逝ってしまいました。
写真で解るかと思うんですが、この場合3.3Vを入れないと、いけなかったようで
見事に電源レギュレータが飛んでしまったようです。
それに繋がるアンプICもダメになったようで、お手上げ状態です。




IMG_0197
写真には、すでに、U2 BGA2817 電源レギュレータ NJM2863F33 を外してます。
貴重な部品なので再配布は無理なようなので、諦めます。
部品を扱ってる通販ショップは見つからず、チップワンストップでは、
扱ってるのですが、個人販売はNGのようでした。海外の通販なら手に入るのですが、
そこまでするつもりはありません。 残念ですが、ここまでとします。
ちなみにWSML AMPは正常に動作してます。
それと修理するならパターンが焦げてしまったり、取り外すのにパターンの
何箇所かショートしてたり汚くなったので最初から組み立てた方が早いかもです。
お世話になった TT@北海道さん PUPさん 申し訳ありませんでした。
無理 言って配布して貰ったのに、この結果でした。





VPNサービスについて



かなり前にも旧ブログで取り上げましたが、筑波大学で研究されてる
VPN 中継サーバーです。内容が難しいので簡単に説明すると
地元に居ながら世界のIPアドレスを取得出来る物です。
IPアドレスで管理されてるのがradiko ラジコです。
普通は、今居る地域のIPアドレスを検出して、その地域の番組しか聞く事が出来ません。
しかしIPアドレスを例えば東京のIPアドレスに変える事によって、東京のラジオ番組を
聞く事が出来ます。radikoに関してはスマホなどの端末で
地方のラジオを聴く事が出来ます。但し有料のようです。AM放送もデジタル処理されてますので、
FMなみに、聞こえます。他にも海外サーバーに接続する事が出来るので
現地でしか見れないコンテンツが見れるかもしれません。


top

http://www.vpngate.net/ja/

それぞれのネットワーク アダプタを作って置けば簡単に接続されます。
切断すると、元の構成に戻ります。
確認したのは、北海道 福島 宮城 新潟 東京 群馬 静岡 大分 福岡のサーバです。
地元に居ながら地方のラジオがフェージング無く安定して聞こえるのは圧巻です。
興味があれば、コメしてもらえれば解る事なら説明します。
大阪のサーバを探してるんですが、見つかりません。 タイガースファンとしては
大阪のラジオは聞きたいです。^^;
あくまでもネットラジオなので苦労して受信した時の事を思うと簡単に遠距離の
放送局がクリアーな音声で受信出来るのでバカバカしくなりますね。^^;

この方法は合法なので使うには問題無いと思います。

VPNサーバー導入法について説明します。


1

windows7での方法で説明します。 コントロールパネルを開いて
ネットワークと共有センターを開きます。




2

新しい接続またはネットワークのセットアップを開きます。



3
職場に接続します。を選択


4
最初は出ないかもしれませんが、 いいえ、新しい接続を作成しますにチェックで次へ




5
インターネット接続(VPN)を使用します。を選択します。


6
インターネットアドレスを指定します。ここでは後で説明しますが、
http://www.vpngate.net/ja/ でVPN中継サーバーの日本のアドレスを貼りつけます。
接続先の名前は後でも変えれますが、解っていれば名前を変更して下さい。






15
IPひろば ここで地域の確認を検索します。
 
http://www.iphiroba.jp/index.php

16
IPアドレスを貼りつけます。


17
写真のようにIPの地域が解ります。地域が出ないIPアドレスは使えません。
それで茨城県と出てるのですが、何故か福岡にアクセスします。
写真のアドレスは福岡です。他のアドレスでは、ちゃんと地域が出ます。


7
アドレスに追加するのはMS-SSTPの項目をコピペして下さい。



8


9
ユーザー名 パスワードを指定します。 すべてvpn小文字でOK




10
上手くいけば接続されてます。


11
またネットワークと共有センターを開きます。 左の項目からアダプターの設定の変更を開きます。



12


名前をデフォルトで完了してたら VPN接続と出てます。













13
VPN接続のアイコンを右クリックで接続 切断が出来ます。 切断すると
今使っている回線に自動的に戻ります。









14

ラジコでの確認方法ですが、左上に FUKUOKA 福岡と出てると思います。

接続するサーバーですが、JAPAN日本のIPアドレスを根気よく探す必要があります。
海外でも接続出来ますので試して見ると面白いです。バナーとか現地のバナーが出ます。
後は MS-SSTPでの接続 設定の項目が無い物もあります。欲しい地域で項目が無い場合は
Open VPNで接続するしか無さそうです。Open VPN導入方法は、筑波大学のHPでも載ってるので
参考にされて下さい。    問題無ければ、ほぼ今のやり方で接続は出来るはずです。

接続の設定は間違って無いのに接続出来ない事があります。
回線が混んでいたりして接続出来ない可能性があるので時間を置いて接続すると
繋がる事があります。 何時まで経っても接続出来ない場合は、違うのを探した方が、
良いと思います。後は Open VPNで接続も、あります。

追記

VPN京都を見つけました。大阪の放送局が聴けます。
ただMS-SSTPでの接続は出来なかったので Open Vpnで接続してます。

通常の MS-SSTP接続で、 京都 大阪 愛知を見つけました。
ほぼ聞きたい都道府県は出てますので、このままでも満足です。
欲を出せば沖縄と 宮崎 鹿児島が欲しいんですけど出ませんね。

最終地方サーバは、 北海道 宮城 福島 新潟 東京 神奈川 群馬 静岡 滋賀 京都 大阪
愛知 福岡 大分  佐賀
です。 でも回線が無くなる事もあるので、たぶっててもリスト追加した方が良いです。
2つあるのは北海道と 京都です。 関東関係は いっぱい出ますね。


 


ABCラジオ(大阪) 受信中



フロントエンド基板 製作準備

フロントエンド基板の製作を始めたのですが、難関に突入しました。
それはチップICです。ここではU1のチップICですが、
5倍レンズで拡大しても極性が解らないのです。
PUPさんに助言を貰いまして、どうにかして確認する方法は無いかと
悩みましたがスマホのカメラのズーム機能を使えば見れるのではと思い
5倍レンズからスマホのカメラでズームUPして撮影して、やっと確認出来ました。

IMG_0130

26Fと確認できます。 2の下にあるのが丸ではないかと思います。
下の黒い線は、方向を確認する為の目印です。
落ちないようにテープに貼っています。なのでノリの部分が光ってます。

追記
取り付け失敗で取ろうとした時 足が曲がってしまい直そうとしたら足が折れてしまいました。><
部品があれば良いのですが・・・ WSML AMPでも追加注文しましたし、
今日来て今日 壊すとは・・・  ちょと頼みづらいとこあります。 OTL
U1 MASWSS0115は、フロントエンド基板の初段増幅なのでしょうか?
GaAs SPDT Switchらしいので増幅作用は無いのではと勝手に思ってます。
U2 BGA2817で、増幅作用があるのではないかと思います。
MASWSS0115が、どんな役割を持ってるのか興味はありますが、検索しても英文で解りませんでした。
無くても、バイパス接続でテスト出来そうです。MASWSS0115が
届けば、すぐに取り付け出来るように準備しようかと思います。
フィルター効果は確認出来そうです。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ