Si4735Radioを2年前に作って 最近は まったく改正なしで使う事も無く
そのままになってました。 と言っても実験段階のままで完成系では
無かった気がしますが・・・・・・
久々にPUP様のHPを覗いて見ましたら 今でも改正されてまして
さらにグレードUPされてました。
プログラムも公開されてたのでハードが何箇所か違うのですが
基本の配線関係は同じだったので、とりあえずプログラムを入れてました。

DSC_0023[1]

  FM MODEを受信中 MONと STの表示が出来るようになってます。

スマホで撮ったのですがストロボで見えにくいです(汚いので部分的に撮影してます)


DSC_0024[1]

 AM MODEを受信中 改正されてます。


今の構成では LCDはストロベリーのI2CLCDを使ってるのですが PUP様のは
秋月のLCDを採用されてました。ただコントロールチップが同じなので使えましたw
後は モードSW SEEK SW パワーSW エンコーダーは配線は一緒なので
動作確認は出来ました。 ただ エンコーダーは swもLEDも付かないタイプなので
AVR端子にダイレクトに接続しての確認でした。 正常に機能してました。



DSC_0025[1]

ものすごく簡単な回路ですが 最小限な操作は出来ました。

感想ですが FM MODEでのST表示が S40を超えても SN比が悪いと STになりませんでした。
SWモードでの M バンド事に分けてるのは スキャンも楽に出来ました。肝心のアマチュアバンド7Mが
外れてたのは寂しいですが・・・・・・ まぁ モガモガ音を聞いても意味ないですが・・
後 プリセット機能があれば さらに便利になると思いました。  だったら自分でやれyってつっこみは無しで^^;