TT@北海道さんのフロントエンド基板の製作に失敗したので、
何か活用出来ないかと思ってたんですが、BPFを、ゆうちゃんのぱぱさん
の記事にもありますが作る事を考えてたのですが、フロントエンド基板を
そのまま部品取りにしてしまうのは、もったいないので、フィルター部分を
使う事にしました。元に内蔵してた、RF AMPは、利得があるものなので、
このままだとGAIN不足が発生すると思うので1段 ゆうちゃんのぱぱさんから
配布してもらった LNAを利用する事にしました。ドングルに内蔵したLNAもあるので
2段となります。ゆうちゃんのぱぱさんからのコメントで問題無い事を確認してます。
フィルターは Lバンド用とHバンド用の2つに分かれていて、
スイッチICで切り換えてるようです。スイッチICもダメっぽいので、普通のスイッチで
切り替えを検討してます。Lバンドでも12MHZ付近まではカバーしてるようです。
上手く行くかは解りませんが、後から結果報告します。

PS こんな使い方になってしまって TT@北海道さん 申し訳ありません。

http://ttrftech.tumblr.com/post/79468872330/diplexer-filter-amplifier-board-for-rtlsdr-direct-sampli


bassari
早速 フィルターを通しての実験をしてみました。アンプは付けてません。
スイッチは、フィルターを通した時とスルーの確認の為 付けました。
結果は、AM放送帯は、ばっさりカットされてましたのでフィルターを通すと、
GAINが思いっきり下がります。4mhz帯を受信した時は、10dbくらい下がりました。
9Mhz帯では、あまり下がる事は無かったので周波数が高くなるにつれて
通りやすくなってるようです。混信も抑圧されて良い感じです。高い周波数なら
このままでも使えそうです。AM放送を受信する時はスルーにする必要がありそうでした。
そう言えば 簡易スペアナの TG機能を使えば周波数特性が解りますが、
接続端子がF型なので変換も無いので、やめました。




動画の説明
ワイヤーアンテナ
0分~3分30秒


0~30秒 スルーで受信
30秒~1分 フィルターを通して受信
1分~1分30秒 フィルターあり
1分30秒~2分 スルー
2分~2分30秒 スルー
2分30秒~3分30秒 フィルタあり

マグネチックアンテナ


3分30秒~6分

RFアンプが発振して波形に波があります。
5分30秒くらいから フィルターONです。 中波帯が、カットされてるのが解ります。

5/28

フロントエンド基板のHバンドのフィルターの初段のコイルチップが破損してたので
普通サイズのRFCに交換しました。17mhzくらいからフィルター効果があるようです。
Lバンドでも15Mhzまでは大丈夫のようなので、放送受信範囲のようです。
RNZIの朝は17Mhz帯ですが、あまり混信は無いのでスルーでも良さそうですが・・・・
接続端子は出して置くつもりです。LNAを付けて電源はドングルからアンテナ端子からの
電源供給が良いかと検討中 それと離すとドングルに入れてるLNAが発振するので
接続を最小限に短くする必要もありそうでした。