なにげなく設定してたのですが、知ってる人は知ってるかと思いますが


q
RTL2838の4.5PINを使うと Q Inputとなります。4.5Pinは使用してないので
HFと通常受信(I/Q)が出来るようになりますが、1.2Pin(I/Q)を使うと切り離すので
FM受信が出来なくなります。 ここを切り替えswを入れたら出来そうですが、
実験でやってみても面白そうです。


in
RTL2838の1.2PIN(I/Q)で使われてるPinで +I、-Iとなります。
ここを切り離すと高い周波数は受信不可になります。
設定は I Inputとなります。


緊急報告

ダイレクトサンプリングについてですが、今まで切り替えについて実験してました。
それで発見したのですが、 -i +i(I/Q)を利用してのダイレクトサンプリングで通常受信(I/Q)も
使いたいので切り替えSWをつけてみたのですが、通常受信(I/Q)で切り換えをしても変化が無いのです。
切り替えSWの配線間違いもあるのですが、カップリングコンデンサーと(I/Q)のパターンが
繋がってました。裏のパターンを削って配線してたのですが、パターンをカッターで切って
ぱぱさん参考 分離してたんですが、ハンダでブリッジしてたようで接続状態になってました。
それで SWを切り替えても通常受信(I/Q)が出来ます。繋がってるから当然ですけど
ダイレクトサンプリングに変えて受信すると、ちゃんと受信します。通常受信(I/Q)の方にスイッチを切り替えると
AMは聞こえません。もしかすると切り替えSWは必要無いかもと思い
直にマッチングコイルを付けてみました。
案の状 AMモード 通常受信(I/Q)が出来てしまいした。アンテナは別にしてますが、
簡単に言うとパターン加工しなくても受信出来ると言う結果になっちゃいました。
全バンド スキャンしては無いのですが、感度が落ちる事は無かったです。
参考  通常受信(I/Q)  通常の使い方です。無改造での受信
     AMモード ダイレクトサンプリング

この事は、随時 ブログにて公開します。