ダイレクトサンプリング

久々に更新 R820T+ダイレクトサンプロングAMP

バラックで実験してたR820T 修理した物 ダイレクトサンプリングAMP改造
をプラケースに入れて見ました。


r820t

修理してボンドで固めたR820T 汚いです。 下がダイレクトサンプリングAMPで
AMP部分を壊してしまったので、パパさん製 LNAを入れてます。
フィルターはLO側しか使ってません。 フィルターを通すと中波帯はカットされる為
スルースイッチを付けて AM SWの切り替えSWを付けました。
もちろん 通常の使い方も出来るので 1300MHZまでは受信出来る事を確認しました。
でも 残念ながら スプリアスが高い周波数は入るのでメインは安定性のある
TT@北海道製HFコンバーター+R820Tになります。



ダイレクトサンプリング+広帯域ドングル完成?

とりあえずケースに戻して完成系にしました。アンテナ端子はMCX端子を採用しました。
やはり2つアンテナを繋ぐと干渉してしまう為 受信したいアンテナに接続する必要があります。
それと不正信号も出てましたが、コイルはシールドしなくてもアンテナ線の位置で抑圧出来ました。
アンテナ線はマッチングコイルの線で裏基板の位置で消えるとこがありました。
LNA基板は今回は内蔵してません。外部から取り入れるつもりです。
理由は、(I/Q)部分も接続されてる状態なので、不正信号が出る可能性があります。
実験しないと解らない事ですが、フィルターも通す必要があり利得はフィルター回路で
LNAを内蔵してカバーするつもりです。




1
2
3
4
こんな感じになりました。サブ機としてなので、これで完成系とします。










820t

LNAを内蔵しました。やはりマッチングコイルとの相性が良いのか感度がUPしました。
やはりLNAの特性で中波帯域の低い周波数は感度が上がりませんが、1000Khz付近から
上がっていくようです。 TOSHIさんからレポートを貰いましてコイル付近だけをシールドしました。
完全には消えませんが抑圧されてました。






受信した動画です。 LNAありでバシップアンテナで受信した動画です。
途中から通常受信モードですが、UHF帯の地デジのデジタル信号が受信出来てるので
感度は下がってないようでした。アンテナがHF用なので弱いですが、マッチングがあった
アンテナですと強力に受信出来る信号です。 ぱぱさん製 マッチングコイルとLNAの
相性は、かなり良いようでした。

追記

ダイレクトサンプリング受信に夢中になり HFコンバーター+R820Tの事を忘れてました。
久々に受信してみましたが、イメージ混信も無くクリアーでした。それにLNA無しで
強力に受信出来るので、トータルでは、こちらに軍配が上がります。ホワイトノイズは高めです。
LNAを入れるとホワイトノイズまで増幅するので受信しにくくなります。GAINがあるので
しょうがないです。前に100mhzが受信出来るハンディ機 VX-7でHFコンバータを接続して
受信してみたんですが確かに受信するのですが、GAINが小さくなりましたので、
R820TのGAINの高さを痛感しました。




ダイレクトサンプリング+(I/Q)共有感度について





ダイレクトサンプリング+(I/Q)共有感度について計測して見ました。
まずHDSDRの波形が確認出来るギリギリの計測です。変調は無変調としました。

結果ですが、ダイレクトサンプリング LNA無しでの結果ですが、
ー110dbmでした。(I/Q)での計測では-130dbmで、SGが260Mhzしか計れないので
30mhzから260Mhzまで平均レベルでしたので、高い周波数も大丈夫かと思います。
実際に受信してみる事にします。100mhz付近は、HFコンバーターを通してみても
改造してないドングルとの差はありませんでした。


don1
実験で取り付けた状態です。 マッチングコイルの位置は、ここで良いと思います。
後はアンテナ端子をMCXタイプにしようか思案中 その時に赤外線センサーを撤去します。

don2
裏側のコイル配線ですが、(I/Q)と -i +iを接続してます。
なので両方の受信が可能になりました。影響が無いのか不安ですが・・・・・
途中報告でした。

注意 この改造については、根拠はありません。単に配線ミスをした結果
上手く動作したものなので改造される方は自己責任で改造してください。
それに伴う故障は責任はとれません。









ダイレクトサンプリングでのRTL設定


なにげなく設定してたのですが、知ってる人は知ってるかと思いますが


q
RTL2838の4.5PINを使うと Q Inputとなります。4.5Pinは使用してないので
HFと通常受信(I/Q)が出来るようになりますが、1.2Pin(I/Q)を使うと切り離すので
FM受信が出来なくなります。 ここを切り替えswを入れたら出来そうですが、
実験でやってみても面白そうです。


in
RTL2838の1.2PIN(I/Q)で使われてるPinで +I、-Iとなります。
ここを切り離すと高い周波数は受信不可になります。
設定は I Inputとなります。


緊急報告

ダイレクトサンプリングについてですが、今まで切り替えについて実験してました。
それで発見したのですが、 -i +i(I/Q)を利用してのダイレクトサンプリングで通常受信(I/Q)も
使いたいので切り替えSWをつけてみたのですが、通常受信(I/Q)で切り換えをしても変化が無いのです。
切り替えSWの配線間違いもあるのですが、カップリングコンデンサーと(I/Q)のパターンが
繋がってました。裏のパターンを削って配線してたのですが、パターンをカッターで切って
ぱぱさん参考 分離してたんですが、ハンダでブリッジしてたようで接続状態になってました。
それで SWを切り替えても通常受信(I/Q)が出来ます。繋がってるから当然ですけど
ダイレクトサンプリングに変えて受信すると、ちゃんと受信します。通常受信(I/Q)の方にスイッチを切り替えると
AMは聞こえません。もしかすると切り替えSWは必要無いかもと思い
直にマッチングコイルを付けてみました。
案の状 AMモード 通常受信(I/Q)が出来てしまいした。アンテナは別にしてますが、
簡単に言うとパターン加工しなくても受信出来ると言う結果になっちゃいました。
全バンド スキャンしては無いのですが、感度が落ちる事は無かったです。
参考  通常受信(I/Q)  通常の使い方です。無改造での受信
     AMモード ダイレクトサンプリング

この事は、随時 ブログにて公開します。 










R820T ダイレクトサンプリングの異常発振対策


ゆうちゃんのぱぱさんから依頼されて、その対策法について載せてみました。
対策と言っても試行錯誤でシールドしてたので対策にはなってないかもですが・・・
この方法は発振を止めるのでは無く抑圧させるものなので期待はしないで下さい。

1070N
まずシールドしてない時なのですが、1070khz付近に異常発振の波が出てます。
ここには1071khzのNHK広島放送があり、異常発振で消されてました。


1070F
シールドした時の写真です。綺麗に異常発振が無くなって放送が聞こえてきました。


IMG_0119
写真で解るかと思いますが、RTL2832U付近にアルミテープを貼ってシールドしてます。
アルミなので下にガムテープなどで絶縁して貼ってます。
この部分だけでは完全に抑圧は出来ませんでした。異常発振が小さくなるとこを
カットアンドトライで探す必要があります。ここをGNDに落とすとか色々してみると
まだ効果はあるかもしれません。

IMG_0120
裏側ですが、マッチングトランスからのアンテナ線を裏側のコネクタに配線して
アンテナ線の位置で異常発振が消える場所があります。
ここも気長に探す必要があります。
また 他に方法が無いか探してみます。

追記

これはHF帯のみの改造でホット側を出しているので改造の仕方では効果が出ないようです。
こちらも色々やってみましたが、今回の方法が落ちるようでした。
内部で妨害電波が出てるのは確かなのですが、完全に止める事は不可能みたいです。
やはりHFコンバータ+R820Tの組み合わせが一番良いような気がしました。



livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ